睡眠障害を改善して心地よい眠りを|症状チェックで治療法を探す

薬に頼る前に医師の診断

ベッド

現代病の一つ

人間は眠る動物であり、毎日適正な睡眠時間をとることで快適な生活を送ることができるのです。しかし最近では睡眠障害や不眠に悩む人が増加しており、一つの社会的現象にもなっています。その要因は、24時間化した社会により夜勤など眠ることを妨げる社会になったことや、ビジネスにおけるストレスの増大により個々人への負荷が増えていること、成果主義や裁量労働などにより仕事環境が厳しくなったこと、雇用不安定な社会問題などが影響しています。そのため病院には睡眠外来や睡眠障害のチェック、メンタルクリニックなど睡眠をはじめとする、様々な精神的な異常を専門に治療するクリニックが増えています。特に不眠症については睡眠外来が人気になっているほどです。睡眠障害になるケースのほとんどの原因がストレスです。ストレスにより悩みや不安などが増大し、眠ることに関する不安を募らせるため睡眠が浅くなるのです。どんなに疲れていてもなかなか寝付けない、眠りが浅く夜中に何度も目が覚めてしまうなど睡眠が思うようにいかないことで、ますます睡眠障害が重くなるのです。ストレスチェックはインターネットからでも行なうことが出来るので、まずは自分の状態をチェックしてみると良いでしょう。

元凶を絶つことが改善

睡眠障害の場合メンタル的な治療もさることながら、薬を処方することが多くなっています。睡眠薬や睡眠導入剤などが処方されることが多くなっています。昔のように睡眠薬を大量に飲むことで別の病気を引き起こすようなことは、最近の睡眠薬で割合低くなったこともあり、トラブルは少なくなっています。そのため過剰に睡眠薬を摂取することに抵抗を持つ必要はありませんが、薬に頼り続けると依存症になるケースもあります。本来の治療方法はストレスなど睡眠障害の要因になっていることを根源から取り除くことです。睡眠改善薬によって改善すると誤解する人もいますが、睡眠改善薬に頼っている間は完治したことにはなりません。生活習慣を根本から変えることや、考え方や思考の在り方を改善する、行動を改善する、元凶を絶つなど睡眠薬に頼らなくても本来の睡眠を取り戻せるようになることをクリニックでは治療しています。そのため睡眠に不安を感じるようであれば、睡眠薬などに頼る前にきちんと医師にチェックしてもらい、治療を受けることをおすすめします。