睡眠障害を改善して心地よい眠りを|症状チェックで治療法を探す

眠りたいけど眠れない

時計と女性

原因はなに

布団に入っても眠れない、ちょっとした物音で目が覚めてしまう、朝方になると目が覚めてしまって熟睡できない、逆にいくら寝ても眠くて仕方がない。このような睡眠に関する様々な症状を睡眠障害と言い、不眠症とも呼ばれています。睡眠障害になってしまう原因は様々ですがその多くはストレスだと言われています。仕事や人間関係のストレスをためたままで、寝る前までそのことをずっと考えていると神経が過敏になって眠れなくなったり、寝ても睡眠が浅くなったりしてしまうのです。なかなか起きられなくなり朝の光を浴びることがないため体内時計がくるってしまい、夜眠れずに朝眠くなってしまう、ということも起こります。治療は一般の病院でも行うことが出来ますが、現在では睡眠障害に悩む人も増えているため、専門的な治療を行う医療機関も増えています。どうやっても睡眠障害が良くならない場合には、専門の医療機関でチェックしてもらった上で治療を行うようにすると良いでしょう。実際に医療機関ではどのような治療を行うのでしょうか。

どんな方法があるの

医療機関での治療は睡眠状態のチェックをし、その症状に応じた睡眠薬の処方が主なものとなります。薬の種類によって入眠までの時間や薬の効果がなくなる半減期間が様々なため、その人の障害の状態に合わせたものが処方されます。しかし、薬は一度飲み始めるとやめることが難しくなってしまうため、薬を使用したくないという人もいます。そのような場合には、自分で睡眠障害を解消するための方法を行ってみると良いでしょう。寝る時間と起きる時間を決めて習慣づけ、睡眠のための時間をきちんと確保するようにします。朝になったら30分ほど朝日を浴びることにより体内時計をリセットしたり、睡眠時に分泌されるメラトニンというホルモンが睡眠する時間にちゃんと分泌されるようにする効果があります。寝つきが悪いからと寝酒を飲週間がある人の場合、アルコールが体内からなくなると中途覚醒してしまったりトイレに行きたくなって目が覚めてしまったりします。またアルコール依存症になってしまうリスクもあるため、なるべくやめるようにしましょう。また、原因がストレスである場合はストレスチェックも欠かせません。ストレスチェックをすることで予防も出来るので、睡眠障害でない人も普段からストレスチェックをすることが大切です。